令和2年分の所得税確定申告に向けて早めに準備を!macユーザーは少し注意が必要です

この記事は令和2年度から初めてe-Taxで青色申告をする個人事業主、特にmacしか持っていない方に向けて書いています。

令和2年度の所得税確定申告に向け、「早めに準備しておいた方が良さそうよ」というお話です。

スポンサーリンク

令和2年分の所得税確定申告から青色申告特別控除額と基礎控除額が変わります

なぜこんなお話をするのかと言うと、令和2年分の所得税確定申告から青色申告特別控除額と基礎控除額が変わるからなのです。

まず、青色申告特別控除額が減額になります

現行65万円の青色申告特別控除額が、改正後には55万円になってしまうのです。

「おいおい、勘弁してくれよ!」って感じですよね。ただでさえ未曾有の出来事の前に大打撃を受けているのに、青色申告特別控除額が減額になるなんて耐えられません。

でもご安心を。

青色申告特別控除額が減額になる代わりに、基礎控除額が現行38万円から改正後には48万円へと増額されます。

さらに、減額となってしまう青色申告特別控除額が現行の65万円となる方法まで用意されているのです。

e-Taxによる電子申告で65万円の青色申告特別控除を受けられる

65万円の青色申告特別控除を受けられる方法は2通り用意されています。

一つ目はe-Taxによる申告(電子申告)です。

e-Taxについて今更説明は必要ありませんよね。国税庁ホームページから必要書類を送信することで確定申告を行える仕組みです。

もう一つの方法は、電子帳簿保存です。電子帳簿保存に関しては僕自身も知識がなく、この記事で詳細を記載することは避けますが、令和2年度分は令和2年9月30日までに承認申請書を提出している必要がありましたので「時既に遅し」です。

そんな訳で、以降はe-Taxによる申告(電子申告)についてのみ記載しています。

e-Taxで65万円の青色申告特別控除を受けるための要件

令和元年まで令和2年分から
⑴正規の簿記の原則で記帳 (複式簿記)

⑵申告書に貸借対照表と 損益計算書などを添付

⑶期限内申告

令和元年までの要件+e-Taxによる申告or電子帳簿保存

e-Taxで申告する際に必要な物リスト

長くなりましたがここからが本題です。e-Taxを利用するにあたって準備しておくべきものを紹介します。

ご紹介してきた通り、令和2年度分の所得税確定申告はe-Taxを利用しない手はありません。既に毎年e-Taxを利用している方には関係ありませんが、初めてe-Taxを利用する方、特にmacしか持っていない方は注意が必要です。

マイナンバーカード

e-Taxを利用するにはマイナンバーカードが必要です。まだマイナンバーカードを取得していない方は可能な限り早めに手続きしましょう

現在マイナンバーカードを受け取るまでにかなりの時間がかかります。一例として、僕の住む江東区は役所にマイナンバーカードを受取に行く際に予約が必要なのですが、1ヶ月以上先まで予約が埋まっており、この記事を書いた11月19日現在最短でも2021年1月以降の受取となってしまいます。

来年になってから手続きしても間に合わない可能性もありますので、まだマイナンバーカードを持っていない方はとにかく急ぎましょう。

※マイナンバーカードが無くても暫定的に「ID・パスワード方式」も利用できますが、メッセージボックスの閲覧ができません

ICカード リーダーライター

マイナンバーカードを読み込むICカード リーダーライターを用意しましょう。

毎年確定申告時期になると品薄になるICカードリーダーライターですが、令和2年度分は65万円の青色申告特別控除に加えコロナウイルスの影響もあり例年以上に利用者が増えることは避けられず、間違いなく品薄になると思います。可能な限り早めに購入しておきましょう

ICカード リーダーライターの購入に関して、macユーザーの方は少し注意が必要です。

ICカード リーダーライターの定番ソニー「PaSoRi RC-S380」はmacに対応していません。ソニーだから安心だと思って購入したら使えない、なんて事になりますので確実にmacへ対応しているICカード リーダーライターを買いましょう

必要に応じてWindows機を用意

e-Taxにはe-taxソフト(Web版)とe-taxソフト(Windows版)が存在し、e-taxソフト(Web版)はWindowsとmacどちらでも利用できます

ただし、会計ソフトから確定申告用のデータをエクスポートさせたいならば注意が必要です。

e-taxソフト(Web版)ではデータの取り込み後、マイナンバーへの取り込みができません。その為、マネーフォワードやfreeeなどのクラウド型会計ソフトからデータをエクスポートし、e-Taxに取り込むにはe-taxソフト(Windows版)が必要になることがあります。

滅多に使わないWindowsのパソコンを確定申告用に購入するなんて嫌でたまりませんでしたが、僕は少しでも楽をしたいので購入してしまいました。

まとめ

以上、令和2年度の所得税確定申告に向けた準備のお話でした。

まとめると、

  • e-Taxを利用しないと損
  • マイナンバーカードを持ってない方は今すぐにでも手続きを
  • ICカード リーダーライターの購入はお早めに(macユーザーは要注意)
  • 会計ソフトからデータを取り込みたいならばwin機が必要かも

という事になります。

毎年面倒な確定申告ですが、今回は特に事前準備をしておいた方が良さそうですのでくれぐれも早め早めに動いておきましょう。

 

コメント