Canon EOS M5の実機を触ってきたよ。AF速度や内蔵EVFの感想など。

91upmjkkodl-_sl1500_

八重洲口のヤマダ電気にキヤノンのミラーレス機「Canon EOS M5」の実機が展示されていましたので触ってきましたよ。

現在、一眼レフはニコンのD7000を使用中。仕事で使うには不満はないものの、旅行や普段の持ち歩きとなるのと、その重さと大きさがかなり億劫なんですよね。

ニコンからAPS-Cのミラーレス機が出れば良いのですが、今のところその気配はなし(噂はありますが)。

フジかキヤノンにでも浮気するかなぁと思案していたところに発表された「Canon EOS M5」に興味深々です。

気になる「Canon EOS M5」のAF速度

キヤノンのMシリーズには以前から興味あったものの、いまいちパッとしない印象。特に初代Mは「AFが遅すぎる」と悪い意味で話題になっていましたよね。

今回展示中の「Canon EOS M5」を触ってみた感想は、「遅くはないよね」といったところ。近くにあったM3と比べると明らかに早いのですが、他社のミラーレス機に比べて「早っ!」て感覚はありませんでした。ようやく「普通」になったってぐらいだと思います。

内蔵EVFは悪くないかも

M3までは外付けだったEVF。「EOS M5」では内蔵となりました。

これも「凄く良い」とは感じませんでしたが、「比較的良いかも」って感想です。

今年発売された「Lumix GX7 Mark II」のEVFがあまりにも残念な出来だっただけに、「EOS M5」はどうなの?と心配でしたが、これなら使えるかと。

ただ、「EOS M5」はタッチパネルも使えるので、僕の場合、ほとんど液晶画面だけで完結してしまうかもしれません。

Canon EOS M5の質感はいい感じ

本体は、手のひらに乗るようなその小ささの割にずっしりしていて、安っぽさは全くありません。小さいながらも質感の良い「道具」として、所有欲を満たしてくれそうです。

重さについて、調べてみたら427gもあるんですね。この重さはオリンパスのミラーレスOM-D E-M5mark2と同じぐらい。もう少し軽い方が良かったなぁ。

外観はいま流行りのレトロ寄りなデザイン。フジやオリンパスPenほどレトロ色が強い訳ではありませんが、過去の「M」シリーズに比べると随分と手堅いデザインですね。

個人的には結構好きかも。

「Canon EOS M5」は11月25日発売。問題は…

「Canon EOS M5」は2016年11月25日発売予定。ボディ以外にも各種レンズキットが発売となります。

・ボディー
・EF-M15-45 IS STMレンズキット
・EF-M18-150 IS STMレンズキット
・クリエイティブマクロ ダブルレンズキット

問題はその価格。本体は11万円前後で発売予定とかなりお高めな設定なんです。

この値段なら各社の中級機が余裕で買えてしまいますし、ミラーレスならフジやオリンパス、パナソニックにも強力なライバル多数。

質感も機能も悪くないだけに、価格さえどうにかなればかなり欲しいのですが、この価格じゃちと厳しいなぁ。

僕はもう少し価格がこなれてから再度検討してみようと思います…。

値段がネックならキャンペーンを利用する手もあるみたい

高すぎる!と書いたものの、多少お安くなるキャンペーンをやっているようですので追記でご紹介しておきます。

2017年1月13日までの購入を対象として、「Canon EOS M5」への期待のコメントをSNSに投稿し、「Canon EOS M5」を購入すると、先着5000名が最大27,000円キャッシュバックとなるキャンペーンを実施中です。

・ボディー:3000円キャッシュバック
・EF-M15-45 IS STMレンズキット:7000円キャッシュバック
・EF-M18-150 IS STMレンズキット:13,000円キャッシュバック
・クリエイティブマクロ ダブルレンズキット:17,000円キャッシュバック

発売直後の購入を検討している方は利用しない手はないですね。

詳しくはキャンペーンサイトをご確認下を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする