「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が欲しくて堪らない

71ccsmrzq7l-_sl1500_

ソニーから発売された「PlayStation VR」は予定数を即完売。

久しぶりにゲームのニュースが話題となっている2016年後半、任天堂から発売された最新ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が欲しくて堪りません。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、あの「ファミコン」を手のひらサイズにリサイズし、スーパーマリオやバックマン、イー・アル・カンフーなど、懐かしのソフトを30タイトル収録している中年ホイホイなゲーム機です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」で思い出す寂しい記憶

711gka16mtl-_sl1200_

僕の場合、やたらと厳しかった両親の方針により、「ファミコン買って!」なんて言える環境ではなく、この中でまともに遊んだ事があるのはスーパーマリオぐらい。後のタイトルは「あぁなんか聞いた事あるな?」ぐらいのものなんです。

そんな僕が、なぜこのゲーム機が欲しくなるのか自分でも不思議なのですが、この形とカラーが、「ファミコン」を欲しくても買ってもらえなかったという記憶を蘇らせたのでしょうか。

ファミコンを持っている友達の家で、ゲームが下手すぎるので直ぐに自分の番が終わってしまい、楽しそうにプレーする友達たちを、ただただ眺めていたなぁ。

僕が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が欲しくなる訳

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が欲しくなるのは、ただその懐かしさだけでなく、家族と楽しく遊ぶ風景がイメージできるからなんですよね。

「PlayStation VR」は究極の独りゲーム環境ですが、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は収録されているゲームの中には2人でプレイできるものもあり、全くゲーマーではない僕の家族でも楽しくゲームができそうな気がします。

また、年末の実家で、甥っ子・姪っ子達と遊ぶのにもちょうど良いレベル。(昔は全然クリアできませんでしたが)

笑顔の中心に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がある姿がイメージできる、それが「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を欲しくなる理由なんじゃないかと。

言い過ぎかしら?

と、書いてて思い出しました。

10年近く前、同じく任天堂から発売されたゲームボーイミクロのファミコンカラーとスーパーマリオを購入した事を。

dsc_0512

我ながら毎回任天堂の「懐かしさ」マーケティングにまんまとはまっているようです。

しかし、このゲームボーイミクロ、数年ぶりに押し入れから出してみましたが、問題無く動くのね。いつ充電したかの記憶もないゲームボーイミクロのバッテリー、どうなってるんでしょう。凄すぎです。

世間は「懐かしさ」を売りにする商売が流行りなの?

今年話題となった同じく任天堂のポケモンGOもそうですが、最近話題になるものは「懐かしさ」を売りにしている商品が多いですね。

日本国内に限って言えば、少子高齢化社会に伴い若年層よりも中年以降をターゲットとした方が商売になる訳で、これは仕方のない流れなのでしょう。

「ノスタルジアマーケティング」「リバイバル消費」

と言われるらしいこの流れ。自分達の商売にも置き換えて、どう売り出してみるべきか、はたまたそれだけで良いのか考えてみるべきなのかもしれません。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は売切れ中。

話を「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の事に戻します。

発売は本日ですが、予約段階で売切れ中。実際に手に入れるようになるのはもう少し先になりそう。

Amazonではマーケットプレイスの在庫はありますがプレミア価格。実際の価格は5,980円(税別)ですので、必要以上に高い値段で購入する必要はないかと。ご注意下さい。

当時の取り扱い説明書も公開中

各ソフトの取り扱い説明書が、デザインそのままに公開されました。この辺りもにくい演出ですね。徹底してます。説明書、ゲームの順番待ってる間読んでたなぁ。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ収録タイトル

・ドンキーコング
・マリオブラザーズ
・パックマン
・エキサイトバイク
・バルーンファイト
・アイスクライマー
・ギャラガ
・イー・アル・カンフー
・スーパーマリオブラザーズ
・ゼルダの伝説
・アトランチスの謎
・グラディウス
・魔界村
・ソロモンの鍵
・メトロイド
・悪魔城ドラキュラ
・リンクの冒険
・つっぱり大相撲
・スーパーマリオブラザーズ3
・忍者龍剣伝
・ロックマン2 Dr.ワイリーの謎
・ダウンタウン熱血物語
・ダブルドラゴンⅡ The Revenge
・スーパー魂斗羅
・ファイナルファンタジーIII
・ドクターマリオ
・ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会
・マリオオープンゴルフ
・スーパーマリオUSA
・星のカービィ 夢の泉の物語

まとめ

懐かしさだけで書き出したこのエンントリー、まったく取り留めない内容となってしまいました。すいません。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、しばらく買えそうにありませんので、購入レビーをお届けする事は難しそうですが、手に入れる事ができたらお知らせいたしますね。

おすすめ記事 → 人生ゲームのおすすめはどれ?全6種を比べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする