ソニー「Xperia Touch」はタッチできるプロジェクター。近未来キタ!

長年の低迷期から脱出しつつあるのかしら?

ソニーからワクワクしちゃう新商品が出ましたよ!

その名は「Xperia Touch」。

「Xperia Touch」は23インチから80インチの大きさまで投影できる超単焦点のプロジェクターです。

超単焦点のプロジェクターと言えば、昨年すでに発売されている同じくソニーの「LSPX-P1」が存在しますが、その違いは「Xperia Touch」が投影面をタッチして操作できる事。

SF映画で見ていたような操作風景がついに現実になりそうですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Xperia Touch」で壁やテーブルがゲームやレシピに早変わり

「Xperia Touch」はアンドロイドで動いており、本体だけでGoogle Playからゲームをダウンロードして遊ぶ事もできるようですよ。

写真のように食卓があっと言う間にゲーム機となってしまうんですね。

これは面白い。

あと僕が便利そうだと思うのは、キッチンで端末自体をタッチせずにレシピページを操作できるようになりそうな事。

「べつにタブレットでもいいじゃないか」と言われそうですが、キッチンでは片手がふさがっている場面も多く、片手だけで必要な情報を操作できるのであれば相当便利そうです。

気になるのは「Xperia Touch」の照度

「Xperia Touch」できになるのはその明るさ。

「LSPX-P1」も非常に面白い商品ですので、僕は何度か売り場へ見に行った事があるのですが、「プロジェクター」としては明るさが足りないように感じます。

もちろん、映画専用のプロジェクターと比較するべきでない商品なのは理解していますが、あまりに薄暗いようでは使い物になりませんよね。

今のところ「Xperia Touch」の照度に関する情報は明らかになっていませんが、少しでも明るいスペックで発売される事を願いましょう。

「Xperia Touch」の今後はアプリ次第?

「Xperia Touch」が非常に「ワクワク」する商品なのは間違いありませんが、どこまで売れるのかは未知数です。

実際に購入するならば、もう一押し生活が大きく改善しそうな提案が必要な気もします。

「Xperia Touch」がアンドロイド端末であるメリットを活かして、今後どんどん「Xperia Touch」対応のアプリが増えていくと良いですね。

とりあえず、今は「Xperia Touch」のプロモーション動画でも見て妄想しまくりますか。

【おすすめ記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする