ノキア(Nokia)3310が大復活!格安SIMのスマホと併用で活躍の予感。

少し前に復活の噂でもちきりだったノキア(Nokia)の3310。

現在バルセロナで開催されているモバイル産業イベント「MWC 2017」でその詳細が発表になったようですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノキア(Nokia)の3310は激安&スタミナバッテリー搭載

公式サイトで早速見てみましたが、特筆すべきは何と言っても挑戦的な価格設定とバッテリーの持ち時間。

まず、ノキア3310の価格は49ユーロ(6,000円弱!)と激安です。

もちろん、日本においてそのままの価格で発売されるとは限りませんが、ガラケーの生産がいよいよ終了間近となっている中、この価格で新機種が発売されるなら欲しいという方は多いのではないでしょうか。

僕もその一人。

現在マイネオで運用しているiPhoneと、仕事用のドコモ(かけ放題)の2台体制で運用していますが、そろそろガラケーに限界がきていますので新ノキア3310は非常に魅力的です。

そして、もう一つの特徴であるバッテリーの持ち時間も素敵ですよ。

公式サイトでは、一日中(22時間)話す事ができ、さらに1ヶ月間待機する事ができると公表されています。

その他も含めたスペックはこんな感じです。

  • 200万画素のLEDフラッシュ付きカメラ機能
  • ヘッドフォンジャック
  • シングルSIMとデュアルSIMの両方利用可能(この部分の翻訳がちょっと怪しいです。本文には Available as both single SIM and dual SIM variantsと書かれています。)
  • FMラジオ&MP3プレーヤー機能
  • 16MBのストレージと、最大32GBをサポートするMicroSDカードスロット

通話専用機として使用するならば十分な機能ですね。

ノキア(Nokia)3310は全4色展開

カラーは全4色。

通話しかしないとは言え、あまり欲しくもないデザインの携帯は持ちたくないものですが、新ノキア3310はレトロなだけでなく、少しスマホを意識したデザイン面の改良もあり物欲をくすぐります。

ノキア(Nokia)3310の通信は2G対応。日本では使えない?

こりゃいいね!

と、飛びつきたいところですが、問題点も。

残念ながら新ノキア3310のネットワークは2G限定です。

このままだと日本国内では使えませんが、はたして日本を含む数か国の為に別バージョンを作ってくれるものでしょうか?

ノキア3310は格安仕様が売りだけに、かなり厳しいんじゃないかと悲観的になっていまいます。

ノキア(Nokia)3310 発売予定は2017年夏

ノキア(Nokia)3310は今年の夏を予定しています。

上記のように、日本で発売されるか否かはかなり微妙なところですが、格安SIMの市場が拡大しつつある今だからこそ日本でも需要のある機種だと思いますので、是非発売して欲しいものですね。

【おすすめ記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする