プロ野球のライブ中継をネットで見る方法|球団別に解説するよ

地上波放送がめっきり少なくなってしまったプロ野球中継ですが、反対にネットのライブ中継は年々サービスが増加しています。

プロ野球のネット中継サービスは、外出中や住んでいる地域でTV放送が見られない時、あとBSやCS放送を物理的に見られない住宅に住んでいる方などは非常に重宝するのではないでしょうか。

ただし、あまりにネットでプロ野球を見る方法はあまりに多くの方法がある為、把握するのも大変です。

そこで、今回は各球団ごとにネットでプロ野球中継を見る方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

パ・リーグのライブ中継をネットで楽しむ方法

まずは、パ・リーグのネット中継を楽しむ方法のご紹介です。

パ・リーグは1つのサービス利用で、全試合を見る事ができますので、セ・リーグに比べると非常に分かりやすく、しかも便利です。

パ・リーグを見るなら「パリーグTV」「『パ・リーグLIVE」「DAZN」「Rakuten TV」

パ・リーグの試合を見るならば、リーグ自体が運営している『パ・リーグTV』があります。

『パ・リーグTV』は、パ・リーグ主催全試合をライブ配信しているストリーミング配信サービス。試合はスマホ、PC、タブレットで見る事が可能で、試合中は見逃したシーンをVOD(動画)で見る事もできます。

利用料金は月額1,450円(税別)とやや高いですが、各球団のファンクラブ会員であれば980円(税別)で利用でき、1試合のみを対象とした1DAYチケット600円も設定されています。

もし、パ・リーグ各球団の試合だけを楽しみたいのであれば『パ・リーグTV』で十分ですが、セ・リーグの試合も楽しみたいのであれば後ほどご紹介する『DAZN』の方がお得ですのでよく比較してみてくださいね。

また、楽天が運営する「Rakuten TV」や、yahooプレミアムの付加価値サービス「パ・リーグの試合を全試合見放題で配信します。

『Rakuten TV』は月額690円または年額5,500円と、『パ・リーグTV』や『DAZN』に較べてリーズナブルなサービスです。

『Rakuten TV』と『DAZN』は1ヶ月間も無料体験も利用できますので、まずは両サービスを試してみてはいかがでしょうか。※『DAZN』について後半に紹介しています。

サービス価格割引価格
Rakuten TV月額690円 年額5,500円

↓今すぐ試合を見る↓

RakutenTV

セ・リーグの試合は対戦相手次第

1サービスで全試合を見る事ができるパ・リーグと違い、セ・リーグは各球団ごとにライブ中継をネットで見る事ができるサービスが異なります

すこしややこしいですが、見たい試合がどの球団の主催試合かでその方法が決まりますので、事前に調べておきましょう。

唯一セ・リーグ全試合をみることが出来るスカパー・オンデマンド

プロ野球ファンにはお馴染み「スカパー」ならばプロ野球全12球団の試合を見ることが可能です。

「スカパー」と聞くと衛生放送のことと思われるかもしれませんが、実は、スカパーの「プロ野球セット」を契約すると、スカパーオンデマンドが無料で見ることができます

注意点は、一部地域(広島県内)では、このスカパーオンデマンドを使っても広島の主催試合は見ることが出来ないということでが、とことんセ・リーグの試合を楽しみたいのであれば今年もスカパー無しでは厳しそうです。

↓スカパーの詳細↓

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

巨人、阪神、中日、横浜の主催試合ならDAZNをネット中継を楽しめる

2019年、DAZNでは広島とヤクルトの主催試合を除く各球団の主催試合をネット中継します。

もう少しわかりやすく説明すると、巨人(東京ドーム)、阪神(甲子園球場)、中日(ナゴヤドーム)、横浜(横浜スタジアム)で開催される試合であればDAZNで試合をみることができます。

2018年は巨人以外の試合は見られたのですが、2019年は広島とヤクルトが対象外となっています。

ちなみに、DAZNは1ヶ月も無料で使える「お試し期間」が設けられていますので、初めて使う方は有効活用しましょう。

とりあえず今日の試合だけネットで見たい場合にも利用しやすいですよね。

【関連記事】巨人戦の中継をネットで見る方法。無料で見る事もできるよ!

↓公式サイトはこちら↓

DAZN

阪神タイガースの主催試合は『虎テレ』がリーズナブル

阪神タイガースは、球団の運営する『虎テレ』と『DAZN』で主催試合を配信しています。

『虎テレ』は月額600円と1試合200円の2プラン用意されており、「ライブ中継」の他にも「シーン検索」をする事もできます。

【関連記事】阪神タイガース戦のライブ中継をネットでみる方法

サービス価格割引価格
『虎テレ』 月額600円
1試合200円

↓虎テレで阪神戦を見る↓

虎テレ

広島カープ主催試合はJ SPORTS オンデマンドで全試合ネット配信

スポーツ専門性チャンネル「J SPORTS オンデマンド」は広島カープ主催試合を全試合ネット配信しています。

「野球パック」を契約すれば1,800円で広島カープの主催試合を全試合ネットで見ることが可能です。

ただし、「J SPORTS オンデマンド」もスカパーオンデマンド同様に広島県内からは見ることができませんのでご注意を。

【関連記事】広島カープ戦をネットで見る方法。無料で見る事も可能!

↓公式サイト↓

 J SPORTS オンデマンド

横浜DeNAベイスターズの主催試合は「ニコニコプロ野球チャンネル」なら無料!

 

横浜DeNAベイスターズ主催試合は「ニコニコプロ野球チャンネル」で無料配信されています。(有料ですがDAZNでも見る事はできます。)

楽天もそうですが、IT企業が親会社の場合無料のネット配信に寛容なようですね。

ただし、「ニコニコプロ野球チャンネル」の場合は有料のプレミアム会員が優先され、途中で見れなくなる可能性もあります。

視聴環境にストレスを感じるようであれば、最初からDAZNをお使いになる方が幸せかもしれません。

↓今すぐ試合を見る↓

AbemaTV

ヤクルトスワローズの主催試合はFODで中継

ヤクルトスワローズはフジテレビの動画配信サービスFODでネット中継します。

FODはフジテレビのドラマやバラエティ番組を中心に配信しているサービスですが、2019年よりヤクルトスワローズの主催試合を配信するようになりました。

月額888円(税抜)でスワローズ戦を含めた各コンテンツが見放題となります。

↓ヤクルトの主催試合をみる↓
FODプレミアム

巨人(ジャイアンツ)の主催試合はHuluがおすすめ

巨人(ジャイアンツ)の主催試合は、「Hulu」と「ジャイアンツLIVEストリーム」でも配信されています。

両サービスの違いは、「プロ野球(巨人戦)以外のコンテンツが見られるか否か」です。

どちらも有料サービスですが、「Hulu」は巨人戦以外にも海外ドラマや映画など数多くのコンテンツを楽しむ事が可能ですので、巨人戦しか見る事のできない「ジャイアンツLIVEストリーム」と比べると断然お得です。

「Hulu」に関しては14日間の無料体験を利用して無料視聴する事も可能ですので、巨人戦を見たい場合はよほどの巨人ファンで無い限りHuluをお試しください。

【関連記事】巨人戦の中継をネットで見る方法。無料で見る事もできるよ!

サービス通常価格特別価格
Hulu933円(税別) 14日間無料
ジャイアンツLIVEストリーム月額1,500円(税抜)月額1,000円(税抜)
G-Po会員限定

↓今すぐ巨人の主催試合を見る↓

Hulu

まとめ

2018年にDAZNがプロ野球の中継を開始したことで、一気にネットの視聴環境が改善するかに思えたのですが、2019年もセ・リーグの足並みは揃わず複雑な環境が続いています。

セ・リーグは各球団ごとに見ることができるサービスを把握しておきましょう。

おすすめは、

全試合 ⇒ 【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

パ・リーグ ⇒ DAZN

広島カープの主催試合 ⇒ J SPORT オンデマンド

巨人、阪神、中日、横浜の主催試合 ⇒ DAZN

巨人の主催試合 ⇒ Hulu

ヤクルトの主催試合 ⇒ FODプレミアム

横浜の主催試合 ⇒ 「ニコニコプロ野球チャンネル

となります。

繰り返しになりますが、『Hulu』や『DAZN』『RakutenTV』などは、お試し期間を利用して無料視聴も可能ですので、とりあえず今日の試合だけでも見たいって方は会員になってみてはいかがでしょうか?

コメント