「リモワ」社をルイヴィトングループが買収!高級スーツケースの行方は?

dsc_1345-2

旅行用品好きとしてはちょっとびっくりなニュースが。

海外旅行の強い味方「リモワ」が、高級ブランド世界最大手高級ブランド世界最大手の仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの傘下に入ってしまったそうです。

高級ブランド世界最大手の仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)は4日、スーツケースなどを手掛ける独リモワを傘下に収めると発表した。2017年1月までにリモワの株式80%を6億4000万ユーロ(約730億円)で取得する。1898年にケルンで創業したリモワの16年の売上高は4億ユーロを超える見込みで、ジュラルミン製の高級スーツケースで知られる。日本経済新聞

僕もリモワのスーツケースを愛用してますが、ますます値上がりして手の届かない存在になってしまうんでしょうか?

リモワの歴史

リモワは1898年、ドイツのケルン市内で創業。

当初は牛皮素材のスーツケースが人気だったそうです。以来、創業家一族の経営が続いており、時代ごとにジュラルミン製やABS樹脂製、近年ではポリカーボネート製のスーツケースをヒットさせるなど機能性を併せ持った高級スーツケースブランドとして人気を博しています。

日本国内では株式会社林五が正規代理店となっていますが、今回の買収劇で今後同社との契約はどうなるのでしょう。林五社は、リモワ以外に核となるブランドを持ってるんでしょうか?HPを拝見すると全力でリモワ押しなのでちと心配になります。

今後も創業家が20%の株を持ち続ける予定

今回リモワはルイヴィトン傘下になりますが、創業家も20%の株を引き続き持ち続ける模様。完全に手放す訳ではなさそうです。

ルイヴィトングループは既にいくつものブランドを傘下に収めてますので、ブランド価値を落とすような真似は絶対してこないと思う(思いたい)のですが、リモワをより一層高級ブランド化したいのであれば今以上の価格アップもあり得そうですね。

冒頭にも書きましたが、僕もリモワの愛用者。最近もう少し大きいサイズの購入を検討していただけに、今後の動きが気になっています。

 

そもそも本国でもリモワは高級品なの?

日本で高級ブランド扱いだったとしても、意外と本国では大した価格じゃなかったりするのはよくある事。話ついでに比較してみましょう。

日本では¥57,240で販売されている「SALSA AIRマルチホイール 65L」。

ルフトハンザの通販サイトで覗いてみると、

389ユーロで販売されているようです。

1ユーロ115円で計算すると44,735円。高級とまでは言いませんが、それなりのお値段です。ただし、この価格は税込みですので、現地で購入すれば35,000円前後で購入できる可能性もありそう。あれ?意外と安いですね。

ヴィトングループになると、そのブランド価値を上げて、もう少し値上げしそうな気がしてきましたよ。

まとめ

リモワが今後どのようなブランドになってゆくのかはまだ全然分かりませんが、現愛用者を切り捨てるような方向にならない事を願うのみですね。いつまでも、質実剛健で、大事な旅の荷物をしっかり守ってくれる有難い存在でいて欲しいものです。

コメント