2021年買って良かった物リスト|キッチンアイテムや寝具など

2021年も残るところあと僅か。毎年恒例「買って良かった」リストをご紹介します。

毎年なんて言いながら、ここ2年ほどおサボり(ブログの更新もね)しており、久しぶりの「買ってよかった」リストです。

絶賛不景気の個人事業主ゆえ、単価低め&数少なめではありますが、いずれもしみじみ「買ってよかった」ものばかり。

早速ご紹介いたします。

目次

SwitchBot Hub Mini

毎日家電のリモコンを探す行為が嫌になり、スマホで何でも操作できるようになる学習リモコン「SwitchBot Hub Mini」を導入してみました。

良いですね、SwitchBot Hub Mini。すっかり気に入って2個目を追加したぐらいです。

操作感がそこまでサクサクではなく、家電のリモコン同等とまでは言えないものの、家中の家電をスマホ一つで操作できるようになる「未来感」は感動的。TVだけでなくエアコンや扇風機、ライトやオーディオ機器等、家中のリモコンを次々に追加しています。

Echo Dotあたりと同期させ、音声操作できるようにすればさらに便利なはずですが、まだ未設定の為本領発揮はこれからのハズ。

長谷川工業 ルカーノ 1-step

created by Rinker
長谷川工業(Hasegawa)
¥8,444 (2022/01/22 18:50:04時点 Amazon調べ-詳細)

長谷川工業の脚立「ルカーノ 1-step」も2021年に買って良かったアイテムです。

評判の高いデザイン性はもちろん、以前使っていたプラスチック製脚立とは安定感が別物です。体を預ける物だけに、丈夫さは大切ですね。

意外と場所をとるという欠点はありますが、見た目が良いのでプラスマイナスゼロじゃないかしら。

OXO 泡立て器 バルーンウィスク (小)

created by Rinker
OXO (オクソー)
¥1,100 (2022/01/22 18:50:05時点 Amazon調べ-詳細)

非常に地味ながら、2021年にしみじみ買って良かったアイテムがこの「OXO 泡立て器 バルーンウィスク (小)」です。

なんてことは無い泡立て器ですが、ポイントは「小」だという事。こんなに小さくても大丈夫?と不安になるぐらい小さいですが、全く問題なし。前まで使用していた普通サイズの泡立て器は引退いたしました。

汚れが取り除き易い点も最高です。「OXO 泡立て器 バルーンウィスク (小)」は一家に1個あって良いキッチンアイテムかと。おすすめです。

OXO 計量カップ アングルドメジャーカップ 中 500ml

OXOからもう一つ。 500mlの計量カップが2021年買って良かったアイテムに入選いたしました。

OXOの計量カップは250mlを昔から使っているので目新しさは無いのですが、計量回数が数回減るだけでも購入価値ありました。

もちろん使いやすさは相変わらず。一生OXOの計量カップを使い続けようと思います。

HARIO(ハリオ) 茶茶急須 CHJMN-45T

この急須を購入するのは2度目。3年ほど使った初代が不注意で割れてしまい(すごく割れやすい)、他の急須含め検討した結果、同じ急須を買い直すことになりました。

夫婦2人用としてはベストサイズ。緑茶も紅茶もこのHARIO(ハリオ) 茶茶急須 CHJMN-45Tでいれています。

色合いが見える点も、洗いやすい点も素晴らしく、欠点は「割れやすい」ことぐらいでしょうか。まぁ割れても900円程度だし、という事で代わるものがありません。

ティファール フライパン 「ロイヤルブルー・インテンス フライパン」26cm

フィスラーのフライパンが2年ほどで駄目になり、「初心に戻る」つもりで購入したのはティファールのフライパンでした。悔しい事に、これがかなり良いのです。

価格はここ数年使っていたフィスラーやヘンケルスのフライパンと比べると半額以下ですが、非常に軽い「ロイヤルブルー・インテンス フライパン」の使い勝手は抜群で、フィスラーやヘンケルスに倍の価格を出す価値があったのか?と問われると自信がありません。

どうせこの手のフライパンは2〜3年も使えれば良い方でしょうから、2年毎に「ロイヤルブルー・インテンス フライパン」を買い替えた方が幸せなんじゃないかしら、と思ってしまうのです。

タルボット トロ スピードバドミントン

気軽に外出できない日々が続く中、ストレス解消の目的で購入した「タルボット トロ スピードバドミントン」も、2021年に買ってよかったアイテムです。

風の影響を受けにくい「タルボット トロ スピードバドミントン」は、確かに屋外でもプレーが続くのですっかりハマってしまいました。

安価なバトミントンセットの数倍する価格ではありますが、屋外でバトミントン(風の別スポーツ)をしたいならば「タルボット トロ スピードバドミントン」はおすすめです。

2021年ベストバイ|シーリー ラグラスII(マットレス)

価格が他のアイテムとは違うので、内心「ベストバイじゃないと困るよ・・・。」とビビリながら購入したマットレスが無事2021年のベストバイとなりました。

以前使用していたマニフレックスのマットレス同様に、シーリー「ラグラスII」は適度な硬さがあり、腰痛持ちの僕でも毎日安眠できています。(この硬さが好きな日本人は多いんじゃないかしら)

シーリー「ラグラスII」は大きく重いので引っ越し時に後悔する事になりそうですが、この寝心地を経験できたなら文句は言えません。気になる方はぜひ専門店でお試しを。

まとめ

以上、2021年買って良かったアイテムのご紹介でした。

結論としては、「寝具は多少お金をかけてでも早めに環境を整えるべき」ということでしょうか。ベストバイとなったマットレスはもう何年も前に買っておきべきでした。

次点は「SwitchBot Hub Mini」かなぁ。まだ全く環境を整えきれていないので、更に便利さを体験できそうな予感しかいたしません。

2022年が希望の見えてくる年になる事をお願いつつ、年内最後の更新にいたします。

それでは皆様良いお年をお迎え下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京住まいのフリーランス兼主夫です。デザインの良い物が好き。このブログはキッチン用品やガジェットのレビュー、動画配信サイトの最新情報など中心に「まぜまぜ」でお届けしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる