赤坂迎賓館の見学方法。豪華すぎる館内は必見!

img_7841

2016年春から通年公開となった赤坂迎賓館こと「迎賓館赤坂離宮」、もう行かれました?

僕は今年になって既に2回訪問してしまいました。

赤坂迎賓館はまるでベルサイユ宮殿のような豪華絢爛な洋館ですが、要所要所に日本人らしいこだわりが散りばめられており、2回見ても飽きない&新たな発見があるので大好きな場所となりました。とにかく東京にお住みの方はもちろん、東京観光にいらしか方には是非見て頂きたい超絶おすすめスポットです。

2回見ただけで偉そうに言う訳ではないのですが、今回は赤坂迎賓館の見学方法や注意点をまとめてみますね。

[toc]

赤坂迎賓館の見学方法

入場自由な「迎賓館赤坂離宮前庭」は除き、赤坂迎賓館を見学する方法は大きく分けて2つ。

事前にインターネットで申し込みをする

インターネットで事前に申し込みを行い、当選すれば指定(予約した)の時間に見学できます。参観開始時間は12時00分、または14時00分からとなります。

この事前申し込み、先着順ですのです。申し込み開始は受付日の10時からとなりますので、見学したい日程が決まったら忘れずにお申し込みを!(電話、ハガキによる申し込みは受け付けていないそうです)

本館・主庭 個人の申し込み(代表者と同伴者の合計が19名まで)

本館・主庭 団体の申し込み(代表者と同伴者の合計が20名以上50名まで)

和風別館 個人の申し込み(代表者と同伴者の合計が4名まで)

ちなみに、当選メールは当選した方にのみ午前11時から送信されるそう。メールが来ない場合は残念ながら落選です。あと、急遽行けなくなっても連絡は不要かつキャンセル料もかかりませんのでご安心を。

当日整理券をGETして入場する

事前予約していない場合でも、当日直接迎賓館を訪問すれば見学できる可能性があります。ここで『可能性』と書いたのには実は訳があり、当日券をゲットするのは意外と大変だからです。僕の訪問した時期(4月頃)は休日ともなれば8時台に配布終了するなんてこともザラ。平日はもう少し余裕があったようですが、とにかく早起きしないことには当日整理券をゲットするのは難しいのです。

追記

現在定期的に本館・主庭が事前予約なしで見学できるようになっています。この期間中、当日整理券の配布はありません。事前に情報を確認してから訪問するようにしてください。

 

和風別館は予約必須

予約なしでも見学できる施設は、迎賓館赤坂離宮前庭(入場自由)と、本館及び主庭に限定されます。和風別館の入館は事前申込(各時間20名)のみとなります。ちなみに和風別館の見学後は本館見学も可能ですのでご安心を。

赤坂迎賓館の見学費用

見学費用は下記です。(内閣府HPより)

参観場所大人中高生小学生以下備考
前庭無料無料無料
本館・主庭(19名までの個人)1,000円500円無料
本館・主庭(20名以上50名までの団体)800円400円無料インターネットによる事前申込者
和風別館(4名までの個人)1,500円700円参観できません本館・主庭も参観可

赤坂迎賓館を見学できる日

赤坂迎賓館は現役で国賓をお迎えしている施設ですので、その公開期間は限定されています。いつ行っても見られる訳ではないので要注意です。スケジュールは内閣府のHPに公開されていますので、先ずはこちを確認してみてください。元々公開予定だった日が急遽公開中止となることもあるようですので要注意ですよ。

赤坂迎賓館へのアクセス

迎賓館赤坂離宮の最寄り駅は「四谷駅」になります。改札を出て、徒歩5分程度で到着可能です。

map-1

赤坂迎賓館見学の定員について

入場整理券なしで入場可能な期間がここ数ヶ月続いていますので今後どう変化するか不明ですが、現在の入場定員は下記となっています。

・本館・個人の12時、14時が各750名(合計1,500名)
・本館・団体の13時、15時が各750名(合計1,500名)
・和風別館の10時30分、11時30分、12時30分、13時30分、14時30分、15時30分が各20名(合計120名)

赤坂迎賓館の周辺にはランチや休憩できる店が少ないので事前チェックを!

赤坂迎賓館を見学する前後に困るのは休憩する場所の少なさ。迎賓館赤坂離宮前庭にコーヒースタンドが出店していたり、本館に隣接している休憩所があったりはするのですが、もう少し気の効いた場所を探そうとすると意外と苦戦します。

ご参考までに、食べログのランチ検索結果を貼っておきますね。

この点は政府も認識しているようで、施設内にカフェを建設しようという動きもあるようです。

まとめ

赤坂迎賓館は、東京観光の目玉になるようなポテンシャルを持つ凄い施設、訪問すると皇族スゲー!と感動すること間違いなし。ぜひぜひ公開日に赤坂迎賓館を訪れてみて下さいな。(確実に見学したい方は事前予約をお忘れなく!)

もっと気軽に見学したい方はバスツアーや日帰り旅行でも迎賓館の見学を扱っているようですので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】

国宝 迎賓館赤坂離宮見学|ポケカル

おすすめ記事 → すみだ北斎美術館のアクセス、混雑状況、おすすめ見学方法まとめ

コメント