30代で地方から東京転勤が不安な方へ。全然大丈夫、一度は東京で働くべし!

僕が転勤で東京暮らしを始めたのは30代半の頃。それまでは人生のほとんどを九州で過ごしてきました。

衣食住がハイレベルに揃っている福岡暮らしが長かっただけに、東京へ転勤は不安や恐怖心しかありませんでした。

  • 30代にもなって東京に出てきてやっていけるのだろうか?
  • 少ない給料で本当に東京で暮らせていけるのだろうか?
  • 食べ慣れた美味しい食事を諦めてまで東京に行く価値なんてあるのだろうか?

等々、東京に転勤したくない理由は次々と見つかりました。特に、通勤ラッシュや家賃の高さ、あと東京で働く方から感じる「企業戦士感」は、地方でまったり働いていた僕には恐怖でした。

しかし、結果としてそれらは全て無用な心配だったのです。

東京、楽しいです。

過去の自分には「絶対に東京で働いてみるべき!」と言いたいです。

極めて私的な感想ではありますが、「それはなぜ?」とうお話をしたいと思います。

目次

東京で働く事は刺激がいっぱい

東京に転勤してきて一番良かったと思ったのは、意外なことに仕事に関する点でした。

地方で働いていた時には携わる事のできなかったプロジェクトを担当できたり、出会う事の難しい方々と一緒に仕事ができたりしますので、本当に刺激があります。

年齢を理由に地方で悶々としながら仕事をするぐらいなら、さっさと東京で仕事をしてみるべきでした。

新しい仕事環境で刺激を受けるも良し、自身の実力を試して自信を付けるも良し、30代になってからでも東京で仕事をするデメリットはありません。

僕自身のお話をもう少しすると、現在は会社を辞め個人事業主です。山あり谷ありの毎日ではありますが、なんとか生活できています。福岡にいたままだったら間違いなく個人事業主になんてなってなかったはずです。

東京でいろんな方と働き、多様な働き方を目にすることで、自分も個人事業主をやってみよう、という刺激を得ることが出来たのです。

東京の通勤ラッシュは避けることもできた

東京に住むと毎日とんでもない通勤ラッシュに巻き込まれ、くたくたになりながら通勤するイメージでした。

しかし意外や意外、東京に暮らしていても「通勤が辛い」「人が多すぎて九州に戻りたい」と思った事はほとんどありません。

もちろんこれには理由もあって、家賃の高さや狭さを多少我慢しつつも可能な限り職場に近い場所で家を見つけたからなのです。僕の場合は少し極端かもしれませんが、通勤時間はたった20分でした。電車に乗ってる時間は一駅2分間です。

僕には子供がいなかったり、当時は家賃補助があったりと、複合的な要因が重なった結果ではありますが、これから東京への転勤を控えている方には「許す限り職場の近くに住んでみたら?」とアドバイスしたいです。

地方に住んでいた時の広さを維持しようと思うと当然高い家賃を払うか郊外に住むしか方法はありませんが、最初は思い切って都心のコンパクトな生活を体験してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、個人的なおすすめは東京の東側です。家賃は西側に比べると少し安め。下町で地味なエリアも多いですが、最近話題となるお店は「東側」の出店が増えています。落ち着いた生活をしながら「東京らしさ」も同時に楽しめる、住むと面白いエリアです。

【関連サイト】

勤務地が決まったら!物件満載のアパマンショップでお部屋探し

東京の家賃の高さは避けられない

家賃の高さはイメージ通りでした。

馬鹿馬鹿しい高さです。僕の場合、家賃は倍になってしまいました。

東京の賃金は地方に比べてはるかに高くバランスがとれてはいるのかもしれませんが、中小企業の転勤組からすると、東京に転勤したからといって給料が大幅に上がる訳ではない場合もあるので難しいところですよね。

少しだけ安心材料があるとすれば、パートやアルバイトの時給は地方とは全然違います。もしも家族に働いてもらえるのであれば意外なほど世帯収入はアップします。

僕の場合も自身の収入は変わらないにも関わらず、世帯収入が大幅に増えたおかげで高い家賃をなんとか払い続けていられています。

東京の食事は美味い(ところもある)

最初に書いたように、東京の食事情も不安の一つでした。

地方の安くて美味しい食事に慣れていると、「東京の食事は高くて不味そう」なんて根拠のない不安があったのです。

結果としてこれは大きな間違いでした。東京には洋食、世界各国の料理、バリエーション豊かなラーメン店等、ここでしか楽しめないハイレベルな食環境が存在します。

ただし、この値段出してこの程度?という店が確かに存在し、僕の住んでいた福岡に比べるとその数は多いかもしれません。

値段についてもう少し言及すると、福岡と同じ感覚で食事をした場合、会計時2割~3割ぐらい高い事が多いですね。

新鮮な魚を食べるのは一苦労

食事に関する不満点をもう一つあげるとすれば、「気軽に買える魚はかなりの確率で美味しくない」という事です。

お店で食べる刺身やお寿司、スーパーで購入する魚について、残念ながら満足出来る環境にあるとは言えません。どこで食べてもある程度の美味しさが保証されていた福岡とは大きな違いがあります。

ただし、「魚」について少し東京のかたを持つとすれば、「魚の美味しさに関する価値観の違い」も存在するという事です。東京で働く知人の調理人は、鮮度抜群のコリコリした食感を嫌い、少し熟成させた魚の甘さ、旨味こそ魚の美味しさだと断言します。

東京に移住した直後は「なんて事してくれるんだ!」と憤慨していましたが、最近では、これは価値観の違いなんだと諦める事にしてます。

また、都内には「新鮮でコリコリした食感」を味わう事の出来る店が全く無い訳でもありませんのでご安心を。

東京転勤は楽しい!「遊び」多すぎて大変

仕事の話を偉そうにしておきながら、僕が東京を気に入っているのは「遊び」の比重も大きいです。

音楽、美術、ショッピング等、東京はいくら時間があっても足りないくらい楽しい遊びが充実しています。

「お金無いと駄目じゃない?」と言われてしまいそうですが、そういう訳でもありません。

僕がはまっているのはお金のかからない街歩きです。

東京のように無数の駅があり、それぞれに特徴のある街が存在する場所なんて日本にはありませんよね。六本木や新宿などの賑やかな街だけでなく、ベタに浅草を歩くのも楽しいですし、合羽橋や神保町などの専門店が揃う街も何度歩いても飽きません。

僕にとっての東京は、毎週新しい発見のある楽しい街です。

まとめ

書いてみたら全然まとまりませんでしたが、僕が言いたいのは「東京はそんなに悪い所じゃないよ」という事です。

最近は東京から地方への移住が流行りのようですが、やはり東京でしか体験できない事は仕事でもプライベートでも沢山あります。30代という年齢だけでそれらを経験する事を断念するのは本当にもったいないし損だと思います。

また、「今の給料で東京で暮らせる訳無いって」方は、東京に出てきてから転職するのもアリだと思います。(僕の周りではこのパターンお多いです) 地方では考えられない仕事の選択肢が東京ならいっぱいあります。

そんな訳で、既に転勤が決まってしまった方はそんなに怖がることなく、転勤を悩んでいる方は思い切って一度東京暮らしを経験してみてはいかがでしょうか?

【おすすめ記事】

スニーカー並の履き心地と評判|テクシーリュクスの革靴をレビュー

防水ビジネスシューズのおすすめブランド4選。雨の日の通勤も安心だよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京住まいのフリーランス兼主夫です。デザインの良い物が好き。このブログはキッチン用品やガジェットのレビュー、動画配信サイトの最新情報など中心に「まぜまぜ」でお届けしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次