ブリタ・カートリッジの日本仕様と並行輸入品の違いは?

dsc_0599

自宅で使用している浄水器BRITA(ブリタ)のカートリッジが交換時期にきたようで、アマゾンで注文しましたよ。

最近は近くのスーパーでも売っているぐらいメジャーな存在となったブリタですが、専用カートリッジは結構高く、近所で買うと3個で4,000円弱。少しでも安い価格を探すと、どうしてもネット頼みになってしまいますよね。

ところで、ネットでブリタのカートリッジを購入する際に気になるのは、販売されているカートリッジには「日本仕様」と「並行輸入品」があるって事。

ほぼ「並行輸入品」の方が安いのですが、両者の違いには価格以外にもあるってご存知ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリタ・カートリッジの「日本仕様」と「並行輸入品」は浄水能力が違う

dsc_0604

ブリタ・カートリッジの日本仕様と並行輸入品のどちらも生産国は「ドイツ」。形状にも違いはありませんので、物理的に「使えない」なんて事はありません。

それなら安い「並行輸入品」の方が良さそうですが、さすがに違いはありまして、「日本仕様」のカートリッジは日本の水質に合わせて開発されているのです。

日本と欧米とは水質が違うという話は良く聞きますよね。

日本=軟水
欧米=硬水

となる訳ですが、海外仕様のブリタ・カートリッジは硬水で使われる事を想定した仕様となっており、日本仕様のブリタ・カートリッジは軟水で使った時に「美味しい」と感じるように調整されているんです。

先述したように物理的には「使える」ので、話がややこしいのですが、並行輸入のブリタ・カートリッジは「メーカーが想定している浄水効果を得られない」商品ですので、その点を理解したうえで購入する必要がありますね、

その他ブリタ・カートリッジの「日本仕様」と「並行輸入」との違い

また、その他にも、日本仕様と並行輸入品のカートリッジには違いがありますので紹介しておきましょう。

「並行輸入」ブリタ・カートリッジは交換時期が早い

並行輸入のブリタ・カートリッジは、日本仕様に比べ1日の想定使用量が少なく、同じ量で使っていると交換時期が早くやってきます。

日本仕様:1日3.5L使用
並行輸入:1日2.5L使用

並行輸入品の方が安いとはいえ、早く交換しないとならないのではあまり意味が無いですね。

ブリタ・カートリッジの「並行輸入品」は製品保証の対象外

ブリタ・ジャパンの製品保証の対象外となってしまいます。また、BRITA Clubで得られる保証(2年延長保証)が受けられません。

購入するなら自己責任でどうぞ、って事です。

ブリタ・カートリッジの「並行輸入品」には日本語の説明書がついていない商品がある

「並行輸入」のカートリッジには日本語の説明書がついていない物もあります。上記のように何かあってもサポートが受けられないだけに、「安全性」に不安があるのであれば日本仕様を選ぶようにしましょう。

ブリタ・カートリッジ 日本仕様品の見分け方

dsc_0601-1

ブリタ・カートリッジ(日本仕様)の箱には写真のような「日本仕様」の表記があります。

通販の場合は「日本仕様」と書かれている商品を買うしかないのですが、店舗で購入する場合はよく見て購入するようにしましょう。

たしかコストコで売っているブリタのカートリッジ(はかなりの激安)も「並行輸入品」だったかと。

以前は僕もよくコストコで購入していましたが、違いを知ってから日本仕様しか買わなくなりました。

まとめ

ブリタのカートリッジは、安い通販サイトでも並行輸入品と日本仕様を比べると1個分ぐらい価格が違うので、違いが無いのであれば安い方を買ってしまいたいところですが、上記のように結構違いがあるんですよね。

さすがに「並行輸入品は絶対買ってはいけない」なんて言えませんが、せっかく買うのであれば効果のある方を買った方が良いんじゃないかしら?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする