OXO(オクソー) のステンレス製計量スプーンはおすすめの逸品

おしゃれかつ実用的なキッチングッズでお馴染みOXO(オクソー) のステンレス製計量スプーンを購入してみました。

キッチン用品に関しては、日々使う物を少しずつ良い物に、と考えていろいろと見直しをすすめていますが、今回の軽量スプーンもその一環です。

ちなみに、今までメインで使っていた軽量スプーンはこちら。

ジョージアのロゴ入りですので、珈琲を買った時におまけで付いてきたんじゃないかと思います。

さすがに比べてしまうのは酷ですが、OXO(オクソー) のステンレス製計量スプーンの使い勝手はなかなかの物、おすすめの軽量スプーンと言えそうです。

簡単ですがレビューしますね。

スポンサーリンク

OXO(オクソー) ステンレス製計量スプーンの特徴とおすすめポイント

OXO(オクソー) の計量スプーンは大さじ1 、小さじ1、 小さじ1/2、小さじ1/4の計4本セットです。

最大の特徴は、各軽量スプーンがマグネットで連結できる事です。

各軽量スプーンがばらばらになりますので、計量時の取り回しが断然楽です。

普通の軽量スプーンだとこんな風に連結されていて、他のスプーンに気を使いながら利用する事になりますが、OXO(オクソー) のステンレス製計量スプーンなら、さっと使いたい軽量スプーンだけ取り外せば良いのです。

使わない時はこの通り普通の軽量スプーンのようにマグネットで連結して重ねておけますので、それぞれがバラバラになってしまう事はありません。

OXOと言えば、のグリップも健在です。

指先にしっかりフィットしますので、固くなってしまった砂糖をガリガリやる時などには非常に重宝しています。

砂糖をガリガリと言えば、このOXO(オクソー) の計量スプーンがステンレス製である事の恩恵も多いにありますね。

非常にしっかりとした造りをしていますので、固くなった砂糖を難なく削り落とす事が可能です。

OXO(オクソー) ステンレス製計量スプーンの注意点

非常に気にっているOXO(オクソー) ステンレス製計量スプーンですが、少し注意しておく点もありますので書いておきますね。

まず、サイズがそれなりに大きいという事です。

今まで使っていた軽量スプーンと比較するとこの通り。1本多いので当然と言えば当然なのですが、持ち手部分にまで厚さがありますので、収納時にはそれなりのスペースを必要とします。

そしてもう一つ。

軽量スプーンの表記に慣れが必要という事です。

日本製の軽量スプーンと違い、アメリカのメーカーであるOXOの軽量スプーンには日本語表記がありません。

OXOステンレス製軽量スプーンの容量は、

  • 1T(大さじ1):15ml
  • 1tsp(小さじ1):5ml
  • 1/2tsp(小さじ1/2):2.5ml
  • 1/4tsp(小さじ1/4):1.25ml

となります。

たった4種類の表記ですのでなんて事はありませんが、覚えておく必要があります。

まとめ

OXO(オクソー) ステンレス製計量スプーンは、大きさや表記に多少慣れが必要なものの、使い勝手は非常に良好です。

もしも現在ステンレス製の軽量スプーンをお探しならば、ぜひOXO(オクソー) の計量スプーンを候補に入れてみて下さい。

お値段は1,600円程度とリーズナブルなのにもかかわらず、使い勝手を確実に改善してくれる頼もしいアイテムです。

OXO(オクソー) の計量スプーン、おすすめです。

 

コメント