スポンサーリンク

フィスラー「エマックス プレミアム アルファ」は使い勝手抜群のフライパン

数年前に購入したヘンケルスのフライパン(コーティングあり)がいよいよ駄目になってきました。

【関連記事】ヘンケルスのフライパンを購入したのでレビュー!

まだ多めに油をひけばどうにか使えないこともないのですが、油断すると簡単に焦げ付いてしまします。

これじゃフッ素加工のフライパンの意味がないよね、といういう訳で、諦めて新しいフライパンを購入しました。

購入したのは、今回ご紹介するフィスラー「エマックス プレミアム アルファ」です。

残念ながらまだ使い始めの為、耐久性については検証できていませんが、まずは使ってみた感想や注意点などを書き留めておきたいと思います。

スポンサーリンク

意外とリーズナブルな「エマックス プレミアム アルファ」

フィスラーと言えば高級なイメージがありませんか?

確かにフライパンは2万〜3万程度するものが多いですし、圧力鍋なんて5万円以上する製品もあります。

しかし、今回購入したフィスラー「エマックス プレミアム アルファ 26cm 」は、定価が約8,000、売価はアマゾンで5,000円台と比較的リーズナブルです。

本体はシンプルな箱に入って届きました。

箱だけ見ると意外と高そうな雰囲気ですが、

箱を開けるとこの通り。

至って普通のパッケージです。

ちなみに、リーズナブルではあるものの「エマックス プレミアム アルファ」はドイツ製です。(フィスラーのフライパンにはドイツ製の他に中国製や日本製があります)

「エマックス プレミアム アルファ 」のコーティングは「PFOA、PFOS」不使用

「エマックス プレミアム アルファ 」には、フィスラー最高峰のフッ素樹脂コーティング「プロテクタル・コーティング」が使われています。

「プロテクタル・コーティング」は、「ドイツの最高権威「test社」でナンバー1の評価を獲得した」コーティングとのことなのでかなり期待が持てそうです。

しかし、コーティングされたフライパンと聞くと、「焦げ付きにくい」という最大の利点があるものの、「体に悪い有害物質が溶け出すんじゃないの?」と心配になりませんか?

確かに、焦げ防止に使われるコーティング材(フッ素加工)には有害物質と言われているPFOA(パーフルオロオクタン酸)やPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)含まれていて、高温になると溶け出してしまうと言われています。

しかし、「エマックス プレミアム アルファ 」のコーティングにはPFOA、PFOSが一切使われていません

僕自身、フッ素加工のフライパンは便利さに負けて使い続けていましたが、どこかで「体には悪いのよね」という罪悪感を感じつつ使っていました。

「エマックス プレミアム アルファ 」のおかげで、今後は何のためらいもなく焦げ付きの心配いらずの料理が出来そうです。

「エマックス プレミアム アルファ 」の使い勝手は抜群

「エマックス プレミアム アルファ 」の使い勝手にはかなり満足しています。

まだコーティング効果が抜群なのは当然として、細かい仕様が非常に気が利いているんですよね。

一番気に入っている点はこの持ち手部分です。火傷防止のため、指がガードされるようにな形状になっています。

油断するとうっかり熱い部分に触れてしまうことって時々ありますよね。その心配は「エマックス プレミアム アルファ 」なら無用って訳です。

あとは、内側にメモリが付いていたり、

フチが液だれしにくい設計になっていたりと細かい箇所まで使い勝手向上の工夫が施されています。

まぁ、液だれに関しては100%しない訳ではないのですが、

外側はエナメル加工されていて汚れが落ちやすく、お手入れが簡単で助かっています。

フィスラー「エマックス プレミアム アルファ 」購入前の注意点

今の所かなり気に入っているフィスラーのフライパン「エマックス プレミアム アルファ 」ですが、2点注意点があります。

国内正規品でも5年保証は付かない

皆さんの気になることは「コーティングの耐久性はどうなのか?」ということですよね?

冒頭にも書いた通り、使い始めの為「エマックス プレミアム アルファ 」の耐久性については随時追記しようと思いますが、ここでは耐久性にも関係しそうな注意点をお伝えしておきます。

それは、「エマックス プレミアム アルファ 」には5年保証が付かないということです。

パッケージには確かに英語で「5年保証」と記載されています。

しかし、この5年保証は国外において適用されるもので、フィスラージャパンでは5年保証をうけることはできません。

でもご安心を。そんなにがっかりする必要は無さそうです。

保証されるのは通常使用で発生した「コーティング以外の不具合」となり、重要なコーティング部分については対象外なんだそうです。

コーティングを長持ちさせる為には、

・高温、強火で使用しない

・金属製の調理器具を使用しない

などの注意が必要ですので、利用環境次第で大きく変わってしまうコーティングの耐久性は保証できないみたいですね。

フィスラー「エマックス プレミアム アルファ 」はガス火専用

もう一つ重要な注意点は、「エマックス プレミアム アルファ 」はガス火専用(ハロゲンヒーターには対応)だということです。

IHコンロをお使いの方は「エマックス プレミアム アルファ 」シリーズは使えません。

フィスラー製で、IH対応のフライパンは「エマックス プレミアム アルファ 」よりももう少しだけ高いシリーズからになるようですのでご注意下さい。

まとめ

以上、簡単ですが「エマックス プレミアム アルファ 」のファーストレビューでした。

最初に焦げ付かなのはコーティングされたフライパンであればどれも同じですので、今後どのくらいの期間コーティングの効果が続くのか、がポイントですよね。

経験上、この手のフライパンは3年も使えれば大合格で、1〜2年で駄目になることが多いのですが「エマックス プレミアム アルファ 」は果たしてどのくらい使えるでしょうか? 随時追記したいと思います。

使い勝手は抜群に良いだけに、耐久性にも期待したいですね。

【関連記事】

錦見鋳造「魔法のフライパン」を9年間使った感想をツラツラと書いてみる

ストウブ 「ブレイザー・ソテーパン」は素晴らしく「使える」鍋だった

STAUB(ストウブ)ピコココット ラウンドを買ったら最高だった

 

コメント